アイネスフウジンと中野栄治

アイネスフウジンは、1990年の日本ダービーを制覇した馬で、父はシーホーク、母はテスコパール、そして母の父がテスコボーイという血統構成になります。
デビューから引退までずっとアイネスフウジンの手綱を取ってきたのが、中野栄治騎手です。

デビュー戦と2戦目は2着に敗れてしまいますが、その後は3連勝します。
その3連勝の中には朝日杯3歳Sがありますし、共同通信杯4歳Sもあり、一躍クラシック候補に名乗り上げました。

しかし弥生賞は4着で、そして皐月賞も2着、両レースとも1番人気で挑んだにもかかわらずの敗戦で、日本ダービーは3番人気でした。
1番人気はメジロライアン、2番人気は皐月賞馬ハクタイセイでした。
レースが始まるとアイネスフウジンが逃げたわけですが、他の馬達も悲願のダービー制覇に向けて真剣です。
結果的にはアイネスフウジンが逃げ切って優勝を果たします。

この年の日本ダービーは「中野コール」があった年として有名でして、ウイニングランの際に観客たちが「なかの」というコールを大声で繰り広げ、感動の雰囲気が作り上げられました。
アイネスフウジンにとっても中野栄治騎手にとっても、忘れられないレースとなったわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>