アガカーン4世は世界的な競馬関係者

アガカーン4世といえば、アガカーン3世の孫にあたる人物で、父親はアリ・ハーン王子になります。
イマームでもあり多方面で活躍しており、相当な大富豪としても知られています。

特にアガカーン4世といえば競馬ファンにとって馴染み深い存在ではないでしょうか。
過去の世界の競馬史を紐解いてみると、アガカーン4世やアガカーン3世などがかかわった有名な競走馬がたくさん出てきます。

アガカーン4世の所有していた馬には、誘拐されてしまったシャーガー、シャーラスタニ、大種牡馬ブラッシンググルーム、相当な強さを見せたシンダー、牝馬ながら凱旋門賞を制して不敗で引退したザルカヴァなどがいて、紹介しきれないほどの馬たちがいます。

アガカーン4世、3世がもし競走馬の生産や所有に関わっていなかったならば、世界の競馬の歴史は大きく変わっていたことでしょうし、競馬の進化ももう少し遅れていたかもしれませんね。

アガカーン4世は今ももちろん存命で活躍していますし、才能あふれる素晴らしい人物です。
世界的なオーナーブリーダーは世界中を探せばある程度見つかりますが、アガカーン4世ほどの規模で行っている人はあまりいないでしょう。
今後も期待しなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>