京都・中山金杯を終えて

今年は東西金杯が、1月5日に行われました。
京都金杯、中山金杯とも当然注目されており、新年早々の開催ではありますが、多くの競馬ファンが競馬場に足を運んだようです。
寒い時期に行われますが、熱気あるレースのおかげで熱気はムンムンだったようです。

まず京都金杯ですが、昨年の三冠レース皆勤賞のエアスピネルが圧倒的な1番人気に支持されました。
2番人気も明け4歳のアストラエンブレムで、ブラックムーンが3番人気でしたが、4歳馬が上位人気でした。

結果はエアスピネルが勝利を収めたのですが、ハナ差の勝利ですから何か物足りなさを感じた人も多いかもしれません。
2着のブラックスピネルも4歳ですので、この世代の強さが際立ったレースといえます。

中山金杯は、ツクバアズマオーが1番人気で、条件戦を3連勝していたストロングタイタンが2番人気、ドレッドノータスが3番人気。
結果はNHKマイルCを勝利しているクラリティスカイに対して4分の3馬身差をつけたツクバアズマオーが勝ちました。

金杯は1年の開始を告げるレースでもありますので、やはり特別感がありますね。
京都金杯を勝ったエアスピネルはGIを勝てる力を持っているとされているので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>