地方競馬の年末を締めくくる東京大賞典の回顧

JRAのレースは有馬記念で締めくくりとなりますが、地方競馬の場合は東京大賞典が有馬記念に相当するレースとなります。
2016年は12月29日に開催されました。(東京大賞典は開催最終日に行われるのではない)

日本にいるダート強豪馬の多くが参戦するレースとして知られており、チャンピオンズCと似たようなメンバー+地方競馬の雄が出走することになります。

2016年の同レースではアウォーディーが1番人気になり、2番人気にはチャンピオンズCを制したサウンドトゥルー、3番人気はコパノリッキーでした。

コパノリッキーが逃げましたがアウォーディーが2番手につける展開で、リッキーにとっては逃げづらい展開だったでしょう。
終始3番手にいたアポロケンタッキーが直線で抜け出し、外から迫るサウンドトゥルー。
しかしアウォーディーがなんとか2着を死守しました。

アポロケンタッキーが内田博幸騎手に導かれて見事優勝を果たしました。
前走のチャンピオンズCでは5着でしたが、その前のレースみやこSを勝つなど力をつけてきていますので、多くの人が納得できるレースだったと思います。

1番人気のアウォーディーは前走に続いて2着…6連勝していましたが、最近は勝ち切れない部分が見られますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>