安田記念でサトノアラジンが悲願のGI勝利

日本を代表する芝のマイルGIの一つでもある安田記念が、6月4日に東京競馬場で開催されました。

1番人気はイスラボニータでしたが、圧倒的に抜けた馬が見られず、ある意味では混戦模様でした。イスラボニータの鞍上のルメール騎手は3週連続GI勝利中で、安田記念を勝つと4週連続GI勝利がかかっていました。2番人気は武豊騎手鞍上のエアスピネル、3番人気は昨年のスプリンターズステークスを勝ち、前走の京王杯スプリングCも勝ったレッドファルクス。

暴露王が見守るレースでは、ディフェンディングチャンピオンのロゴタイプが逃げ、サンライズメジャーやブラックスピネル、ディサイファなどが行く流れ。最後の直線に向いても昨年の覇者のロゴタイプが粘り込みを図り、残り200m地点ではロゴタイプが勝利したと思った人も多いでしょう。しかし最後の最後にサトノアラジンが差し切り、7番人気での優勝となりました。

サトノアラジンは父がディープインパクト、母父がストームキャットという良血で、2歳時から大きな注目を浴びていましたが、ついにGI馬になりました。
今のマイル界には絶対的な王者はいませんが、だからこそ今年のマイルCSをサトノアラジンが勝利にすれば、現役最強マイラーとなれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>