弥生賞がGIレベルになりそう

例年弥生賞はクラシック戦線を狙う馬たちが出走することになるのでレベルが高くなりがちです。しかし特に今年の弥生賞は例年以上のメンバー構成となりそうで、まるで皐月賞かと思わせるような状況になるでしょう。

注目すべき馬は多数いますが中でも話題性抜群なのが、現時点で無敗で昨年の朝日杯FSでは他馬を置き去りにする圧勝を収めたダノンプレミアムです。ディープインパクトの牡馬産駒の中には大物といえる馬が少ないので、代表産駒になるためにもここは負けられません。

そしてまだダノンプレミアムとは対決していない馬たちの中にも強豪馬はたくさんいて、3戦3勝のワグネリアンもその一頭です。前走は東京スポーツ杯2歳Sを圧勝し、こちらもディープインパクトの産駒となります。暴露王がこれまで見てきた様子では、まだまだ、これだけではなく同じディープインパクト産駒で2戦2勝のオブセッション、3連勝し前走の京成杯では強さを見せ付けたジェネラーレウーノも忘れてはいけません。

もちろんこれらはまだまだ一部にしか過ぎず、すでにGIの舞台で2着に入っているジャンダルムも非常に怖い存在ですし、まだ可能性を秘めているサンリヴァルも出走予定となっています。弥生賞の時点でこれだけの好メンバーが激突するのは嬉しいようでもったいない感じもしますが、せっかくなので楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>