毎日王冠は超豪華メンバーとなった

毎日王冠は毎年好メンバーがそろうことで知られていますが、今年の同レースは超GI級のレベルを誇るメンバー構成となりました。

そんな中1番人気に推されたのは3歳牝馬のソウルスターリングで、前走のオークス以来のレースでしたが、その神秘的な強さを信じる競馬ファンによって1番人気に支持された形です。
2番人気にはダービー馬でもあるマカヒキ、そして3番人気には国内でのGI勝ちはないもののドバイターフを制しているリアルスティール。
それ以外にもグレーターロンドンやサトノアラジン、ヤングマンパワーなどの強豪メンバーがひしめいており、まさしく誰が勝ってもおかしくないレースでした。

暴露王が見守る中、大方の予想通りソウルスターリングが逃げ、ダイワキャグニー、マッチレスヒーローなどが続きます。
3コーナーを回る頃には後続の馬が早めに並びかける展開で、1番人気のソウルスターリングにとってはあまり良くない形となりました。

直線を向いて早々の段階でダイワキャグニーが先頭に立ちますが、ソウルスターリングも勝負根性を見せ簡単に引き下がろうとはしません。

ですが外から全く違う脚色でリアルスティールが追い込みあっという間に差し切りました。
リアルスティールとほぼ同じように追い込みを見せたサトノアラジンが2着、3着にはまだ底を見せていないグレーターロンドンが入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>