GIで同着!とても珍しいレース

競馬を毎週、メインレース以外も見ている人であれば、稀に1着同着というレースに出会います。
2着以降が同着ということはまだ多いのですが、1着が同着というのは本当に珍しいことです。

GIでこういった1着同着で、優勝馬が2頭いるというケースはJRAのGI競走において過去に一例しかありません。
それは2010年のクラシック戦線、東京競馬場を舞台に繰り広げられたオークスにて起こりました。

1番人気のアパパネとサンテミリオンが同着となったのです。
アパパネはその後秋華賞も制覇して3冠牝馬になり、その他にもヴィクトリアマイルも制している名牝で、サンテミリオンはその後勝ち星を挙げることができずに引退をしてしまいました。

オークスでアパパネに乗っていた蛯名騎手とサンテミリオンに乗っていた横山典弘騎手は仲良く勝利騎手インタビューを受け、歴史的快挙に酔いしれていました。
今後100年間に1度あるかないかという珍しい現象ですから、多くの競馬ファンにとっては印象深いレースだったに違いありません。

アパパネとサンテミリオンの子供がまた同じ舞台で戦うことができたならば、きっとすごく盛り上がることでしょう。
また同着だったらとても面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>