トウカイテイオーの奇跡

1993年の有馬記念、それは奇跡と呼ばれたレースです。トウカイテイオーvsビワハヤヒデのレースでした。
二冠馬のトウカイテイオーは、骨折やトモを痛めるなどのトラブルにも見舞われ、レースに復帰したのはこのときの有馬記念。
そのとき、有力馬は菊花賞馬のビワハヤヒデ、GI勝利馬のレガシーワールド、天皇賞馬ライスシャワーなど、すでにトウカイテイオーの居場所はなかったと言っても過言ではない状況でした。

トウカイテイオーは、4番人気として挙げられていましたが、あくまでもネームバリューとしての人気。
現実問題として、勝ち負けまで考えられるレベルではなかったという意見がほとんどでした。このレースでは、メジロパーマーを中心にレースは進行。
トウカイテイオーは、後続馬群のなかで埋もれている状態でした。

しかし、並いる集団を尻目にジワジワと駆け上がっていき、最後100メートルでゴールしたのです。
1年ぶりの復帰に、多くの競馬ファンは歓喜の声を挙げました。このときの有馬記念は、「奇跡のレース」と呼ばれ、ありえない出来事だとされています。

しかし、心のどこかでは信じていたという人も多く、トウカイテイオーが名馬とされている所以だと言えるでしょう。